効果

HOME | 効果

看送水の効果

看送水には様々な効果があることが実証されております

看送水による細菌の不活性化


細菌に対する影響を確かめるため、衛生状態の指標細菌である大腸菌の培養液と看送水の混合液を作成しました、比較として看送水の代わりに精製水を用いた混合液も作成しました。混合直後に寒天培地に塗布して培養し、それぞれの混合液中の大腸菌の生菌数(コロニー数)を比較しました。
看送水を含まない混合液からは多数のコロニーが生じましたが、看送水を含む混合液からは写真のようにコロニーは形成されず、看送水との接触により混合液中の大腸菌が増殖能を失っていた(不活性化されていた)ことがわかります。

資料提供元
横浜国立大学 生物システム工学研究室 武田穣教授
 
詳しくはこちら

看送水による細菌増殖防止


看送水を浸み込ませた紙の周りには、透明な阻止円(大腸菌のコロニーが生じていない円)が形成されており、看送水の持つ細菌増殖抑制作用が確認できます。また、阻止円周辺にはコロニーが融合した部分(溶けた細胞が密集した部分)があり、看送水が浸透しながら継続的に効果を発揮していることがわかります。
 
看送水を滴下した部分には、24時間経過後でも細菌が繁殖しませんでした。これは、高い腐敗抑制効果が持続することを示しています。

菌株:大腸菌(K-12株)
容器:直径9cmシャーレ
ペーパーディスク:直径8mm、厚手
試料(量):看送水(60μL)<対照系:0.2%食塩水(60μL)>※1μl=1/1000ml
培養温度および時間:37度 / 24時間
操作:0.2%食塩水で懸濁した菌株を個体培地に塗布した後、中央にペーパーディスク(白色ろ紙)を添加して培養開始 

資料提供元
横浜国立大学 生物システム工学研究室 武田穣教授
 
詳しくはこちら

看送水による保湿効果


生前と比べ、お肌の水分量は時間と共に減少し、著しく乾燥します。ドライアイスを当てることで、乾燥が促進されてしまうのです。しかし、看送水を継続的に使用することでお肌の水分量を引き上げ、乾燥による肌へのダメージを抑えることが可能です。
このデータは、看送水を使用した約1万人の故人のデータから無作為に抽出したものであり、看送水を使用したほぼ全ての故人において、効果が確認されています。

※掲載データの測定条件
・初期状態:御到着時の状態を測定
・毎日、測定後に吹き付けを実施
・吹き付け後、約24時間後に再測定

 

看送水による艶出し効果


看送水には、保湿効果があるだけではなく、故人の肌艶感を向上し、生前の様に生き生きとした表情を保ち続ける効果があります。 肌なじみの良い天然の艶出し成分により、保湿効果が維持され、防腐効果も向上するのです。
そして肌に艶があると、お化粧の乗りもよくなり、時間が経っても化粧崩れし難い状態を保ち続けることができます。
このデータは看送水を使用した約1万人の故人のデータから無作為に抽出したもので、看送水を使用したほぼ全ての故人において、一定の効果が確認されています。

※掲載データの測定条件
・初期状態:御到着時の状態を測定
・毎日、測定後に看送水の吹き付けを実施
・吹き付け後、約24時間後に再測定
・油分値 1(少ない)〜 5(多い)の5段階評価

 

アロマによる効能


看送水にはラベンダー精油またはレモングラス精油を用いています。ラベンダーは心の中核を支える働き(安眠作用・神経バランス作用)があり、レモングラスは脳に刺激を与え、疲れた時などに気持ちをリフレッシュする働きがあります。
御葬家の方々の心を落ち着かせてくれる作用、溜まってしまった感情を解き放つ作用もあります。
身体への効果としては、二種類の看送水どちらにも抗菌作用、抗真菌作用、抗感染作用、抗ウイルス作用等があり、感染症予防効果が期待できます。
また、ラベンダーは中世ヨーロッパにおいて、伝染病の予防に使用されていたとの記述も残っています。レモングラスは防虫や殺菌効果に使われています。